ハイヤーの運転手に必要な資格

ハイヤーの運転手は普段は営業所に待機しており、社会的地位の高いVIPや芸能人といったお客からの依頼を受けて送迎をする仕事です。

ハイヤーはタクシーの高級版というイメージで、お客の要望であればいつどこにでも出向いていきます。
お客は芸能人やVIPであることが大半のため、運転手は乗客に対するサービスが徹底しており身だしなみや言葉遣いはもちろんですが、雨のときは傘をさし荷物があるときは荷物を運ぶといったマナーや細かい気配りが必要とされます。


ハイヤーの運転手には第二種免許が必要となり、これは第一種免許を取得してから3年経過すると受験資格となります。
最近では教習所で実習を受けることで実地免除となることが多く、学科試験も含め最短で2週間ほどで免許取得が可能といわれています。

免許取得後は会社に勤務し早朝から深夜までの長時間となることが多いため、常に眠気と戦いながら安全運転をする必要があるため自己の体調管理をしっかりとする必要があります。
ほかにも運転手には必要ありませんが、運行管理者という資格があります。これは国土交通大臣指定期間の試験に合格し、安全輸送の責任者して専任された人が持てる資格で管理部門に欠かすことのできない資格として、営業所の職員は大半が取得しています。

ハイヤーの運転手を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

ハイヤーを利用するお客の中には時には傲慢な態度を取る場合もあり、柔軟な対応力や忍耐力必要となります。



また待機時間が長いため根気も必要とされる職業です。