ハイヤーの運転手になるには

ハイヤーの運転手になるには、タクシー会社に就職することが必要になります。タクシー会社は人手不足が深刻化しているため求人を積極的に行っており、今なら好条件で就職することが可能です。


ハイヤーの運転手として働きたい場合は、面接の際にハイヤーの運転手を希望する旨を伝えると考慮してくれます。

ハイヤーの運転手に対する期待が寄せられています。

ハイヤーやタクシーの運転手になるためには普通自動車二種免許が必要になりますが、多くのタクシー会社は二種免許がなくても普通免許があれば採用してくれるケースが多いです。

二種免許は入社後に取得することになりますが、二種免許の取得費用はタクシー会社が出してくれ、免許を取得できるまで責任を持って指導をしてくれます。



ハイヤーの運転手の仕事の内容は、タクシー会社が契約している企業の役員車を運転するなど、契約に基いて車両の運転を行うことになります。
運転する車は黒塗りの高級車が多く、お客様は社会的地位のある方が多いです。



ドライバーには高度な運転技術だけでなく接客術も要求され、ホテルマン並みの接客術が必要になってきます。
給料はタクシー会社によって違いがありますが、月給30万円程度のケースが多いです。

拘束時間は車を出庫してから入庫するまでの間であるため、長時間勤務になる場合がありますが、4勤3休などで休暇はきちんと取ることが可能です。

働く時はがっつりと働き、休みの日にはゆっくり休んだり、プライベートの時間を大事にすることができます。