FAXDMを専門会社に依頼するメリット・デメリット

FAXDMは自社で行うこともできますが、専門会社に依頼するケースも少なくありません。そもそもFAXによるDMはカラーでの情報発信はできず、用紙も1枚もしくは数枚程度に抑える必要があるため、相手側に伝えられる情報量には限りがあります。そのため、デザインやレイアウトを工夫するといったポイントを押さえた上で原稿を作成しないと、なかなか反響率が上がりませんが、FAXDMのノウハウを熟知している専門会社を利用すれば素人よりも高い質の原稿を作成することが可能です。また、FAXDMは少なからずクレームを受ける可能性がありますが、専門会社はクレーム対応のノウハウも持っているため適切に対応してくれるというメリットもあります。

さらには、配信先リストを購入したりレンタルしたりできる専門会社もあるので、自社でリストを作成する手間も省けます。一方で、専門会社に依頼するとコストがかかるというデメリットがあります。FAXDMは一般的に1通あたり数円程度で配信できますが、専門会社に依頼すると倍以上のコストがかかるケースがほとんどです。加えて、リストを購入したりレンタルしたりする場合はその費用も必要となるので、予算が限られる場合は利用しにくいという側面があります。

このように、FAXDMの専門会社にはメリットだけでなく、コストが高くなるというデメリットも存在するので、多くのコストを支払ってでも利用する価値があるのかを見極めることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です