FAXDMを配信するタイミングについて

FAXDMには開封率の高さや低コストでの配信が可能といったメリットがありますが、配信のタイミングを指定できるのもメリットのひとつです。FAXDMの反応率は様々な要因に左右されますが、配信のタイミングも重要な要因となります。例えば、相手側が忙しい時間帯に配信したとしても、読んでもらえる可能性は非常に低いでしょう。そのため、FAXDMの反応率を高めるには相手側に余裕がある時間帯や曜日を見極めて、適切なタイミングで配信することが重要です。

忙しい時間帯や曜日は業種によって大きく異なりますが、一般的な企業の場合は14~16時ごろの時間帯は業務に追われている可能性が高いので、10時もしくは13時前後に配信すると効果的でしょう。また、曜日については、基本的には火曜日から木曜日が良いと言われています。土日が休みの企業に対して土日にFAXDMを配信しても、週明けの月曜日に行われるFAXの仕分けによって処分されてしまい、担当者まで届かない可能性が高いでしょう。加えて、休みの前日となる金曜日は終わらせなければいけない仕事で忙しいケースが多いので、金曜日に配信するのの基本的におすすめできません。

週の始まりの月曜日は、多くの企業がキャンペーン情報などのFAXを送信するため、月曜日に配信しても他の企業のFAXに埋もれてしまう可能性があります。なお、上記した配信に適したタイミングは、あくまで一般的な企業に当てはまるもので、業種によっては異なるタイミングで配信する必要があります。例えば、飲食店に対してはランチタイムやディナータイムを避けるのが基本ですし、不動産業界は水曜日が休日となるケースが多いので火曜日から木曜日にかけて配信するのはおすすめできません。また、いずれの業種であっても夜間や早朝などの非常識な時間に配信するのは避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です