FAXDMで成果を出すためのコツ

FAXDMで上手く成果を出すためには、まず送信するFAX原稿をターゲットの注意を引く魅力的なものにする必要があります。FAXDMは、電子メールや郵送で行うダイレクトメールよりも目に留まりやすいという特徴がありますが、それでも魅力を感じられないような広告内容だと、即座に廃棄されてしまう可能性があります。FAXDM会社の中には、魅力的なテンプレートを用意していたり、独自のノウハウで原稿作成をサポートしてくれるところもあるので、色々試してみるといいかもしれません。送信リストの選定もとても重要になってきます。

FAXで送信できるDMはお手軽ではありますが、当てずっぽうに送ればいいというものではありません。きちんとターゲットを絞り込んで送信してこそ高い成果を狙うことができます。リストはしっかりとアップデートがなされているものを使うことも重要です。古い更新されていないリストを使って送信すると予想外のところに送信されてしまい、クレームが殺到するなんてことにもなりかねません。

FAXDMではクレーム対策も重要です。FAXは相手側の用紙やインクを消耗させてしまいますから、強引に送りつけると反感を持たれてしまうことがよくあります。お手軽に送信できるからといって、何回も連続送信したりするのは避けた方がいいでしょう。クレームが来たら、即座にリストから外すなどの対応も欠かせません。

FAXDM会社を選ぶ際は、クレーム対応の充実度などもきちんと把握したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です