FAXDMのマナーとは?

ダイレクトメールというのは、あまり良い印象を与えないことがあります。送られてきたほうからすれば、頼んでもいない情報が一方的に送られてくるのですから、良い印象を持たれなくても仕方がありません。しかし、逆にこんな情報を待っていたという場合も少なくないのです。そのため重要になってくるのは、その情報を必要としているターゲットをしかり絞り込むということと、ダイレクトメールのマナーを守ることです。

FAXDMのマナーとは何でしょうか。ファックスで問題となるのは、送信先にインクと紙を使わせてしまうことです。印刷の手間もかかります。そのため、FAXDMで最も重要なマナーは、少しでも相手の負担を減らすように考えることです。

たとえば、ベタ塗など、無駄にインクを多く使わせてしまうようなデザインにしないことや、何枚にもなるような量のファックスを送ったりしないことなどが大切になります。できる限り言葉やデザインを考えて、すっきりとわかりやすいデザインとなるように工夫し、相手の負担を減らす努力が大切です。次に、相手の都合も考える必要があります。相手が大きなオフィスとは限りません。

中には自宅兼事務所という場合もあるでしょうし、電話番号とファックス番号が同じ場合もあります。そのような場合に相手の仕事を中断させしまったり、早朝や深夜にFAXDMを送ると迷惑をかけてしまうことでしょう。このような点にも配慮することが最低限のマナーとなります。FAXDMのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です