皮膚科脱毛をご存じですか

薄着の機会が増えるこれからの季節、ムダ毛のお手入れが欠かせなくなってきます。

昨今では、ドラッグストアや薬局などでも、自宅で簡単に脱毛ができる商品もたくさん店頭に並んでいますが、肌に負担が少なく、本格的に脱毛をするとなると、一番初めに「エステ」などの美容脱毛が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。脱毛にはエステでできる以外に、「皮膚科脱毛」というのがあるのをご存じですか。同じ脱毛なのですが、両者には大きな違いがあるのです。

一番の違いは、「医療行為」と「非医療行為」というところです。そして、「脱毛方法」「安全性」「トラブルアフターケア」にいたるまで、両者には違いがでてしまいます。エステの脱毛は皮膚科脱毛に比べて、副作用やリスクが高いと言われています皮膚科脱毛は、正式な医療機関で医師の監視下の元、安全性に考慮して治療を行うので、リスクはとても低いといえます。エステでは、肌にトラブルが出た場合、医療行為を行ってはいけないので、治療することができません。

また、脱毛の効果がでるまでにかかる回数も、エステに比べて皮膚科脱毛のほうが少なくてすむ利点があります。なぜなら、エステで用いるレーザー照射のレベルが医療機関と違い制限されているので、効果がでるまでに回数がかかってしまうのです。結果、回数がかかるということは、その分料金の負担も重くなってしまうということです。個人差や脱毛を行う機関にもよりますが、エステでの2~3倍以上の料金の負担となることもあるようです。

沖縄で医療レーザー脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です