FAXDMを利用する利点について

広告を様々な企業に打つ場合に一番多い方法と言えば、チラシ広告やダイレクトメールでの広告が基本です。しかしこれらの広告のデメリットとして挙げられるのが、実際にこの広告が見て貰いたいターゲットの元にしっかりと届き、かつ見て貰えているのかがわからないという点です。何故ならば、基本的にこのような広告についてはダイレクトメールであれば、ブロックしてしまっている方も多いですし、チラシ広告も見ずに捨ててしまう方が多いからです。さらにこれらの広告はどちらも広告費が高いというのがネックです。

高い広告費を掛けた上にターゲットに見て貰えないのであれば、効率が悪いと感じる方も多いでしょう。そのような中で効果的かつ効率的に広告を打てる方法として挙げられるのが、FAXDMです。このFAXDMは、日本全国業種分類別法人FAX番号430万件の中から、取り扱う商品やサービスに最も適した見込み顧客に対して、競合他社に知られること無く広告を安くそして早く打てる方法です。FAXを使うので、確実に相手に届く上に確実に見て貰うことが出来るのです。

しかしFAXDMは、相手のFAXの紙やトナーを勝手に使用することになるので、相手に確実に届く反面反感を買うことになる場合も多く、苦情になる時もあるので注意が必要です。それでも費用対効果を考えれば、FAXDMというサービスはとても費用対効果が高いサービスです。広告費に悩んでいる企業の方は、利用を検討してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です