FAXDMによる企業の宣伝方法

自社の製品を手軽に宣伝する方法の一つとして、幅広く利用されているのがFAXDMです。これだけパソコンやメールが普及した現在であっても、FAXを受信出来る企業は数多くあります。それは昔ながらのやり取りを大事にしている要素もありますが、コピー機が複合機の機能としてFAXを使えるという要素も大きいでしょう。専用の機器を購入して難しい設定をしなくてもFAXが使えるだけでなく、各フロアに設置されていて非常に簡単に利用出来るようになっている起業が多いからです。

商品というものは消費者向けだけでなく、企業向けのものも多数あります。こういったものはテレビCMなどよりも企業への営業活動が重要になってくるため、FAXDMを利用してかなり大量に宣伝をばら撒いてしまう手法がこれだけ使われているのです。興味の無い企業に向けて無作為に送信するというのは、比較的迷惑度の高い行為でもあるのですが、FAXというものが昔からそういった無作為なチラシに溢れているものとして知られているので、それほど取り立てて問題にはなっていません。通常のDMと比較して紙を送られた側が消費するという問題があるFAXDMですが、あまりにも大量に送らない限り一社に対して一枚ですし、場合によっては需要があって興味を持ってもらえる事もあるので迷惑なだけではない存在となっているのでしょう。

一斉送信には電話帳の取得や専門のシステムが必要なので、送る側がそういったサービスを利用しています。FAXDMのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です