永久脱毛の仕組みについて

永久脱毛とは、ある程度の期間毛が少ない状態を維持することができる方法のことをいい、脱毛を行った後完了してから1ヶ月後に毛の再生率が20%以下の場合と定義されています。

永久脱毛の仕組みとしては、メラニン色素に吸収される熱エネルギーを用いて、毛の生える元となる毛母や毛乳頭などの毛根組織を破壊して毛を生えさせないようにするものになります。この方法が行えるのは、黒色や茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することによって、毛根組織などにダメージを与えて脱毛します。永久脱毛を行うための種類は2種類あり、どちらも医療機関でのみ行われています。

レーザーを使用して脱毛するレーザー脱毛、毛が絶対に再生しないニードル脱毛にあります。レーザー脱毛は熱エネルギーを使用した脱毛方法で、脱毛エステで行われる光脱毛よりも短時間で効果的な施術を受けることができるようになっています。ニードル脱毛は、針を使って行われる脱毛方法になります。これは針を毛根に差した後電気を通して毛根の再生力を弱らせるものです。

確実に毛根を弱らせることができるうえ、脇などに使用すればアポクリン腺と呼ばれる汗腺も焼き切ることができるためワキガの改善にも繋がりますが、非常に痛みがある方法ですので痛みの弱い人には向かない施術方法とされています。このような方法で行える永久脱毛ですが、行うことによって肌が綺麗に見せられたり、露出のある服を自信を持ってきることができるなどのメリットがあります。

沖縄で医療脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です